忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[PR] |




新車の買い方 車庫証明の取り方
ガソリン価格アップ↑ 自動車保険料はダウン↓今すぐお見積り アクサダイレクト

新車を購入するときには、車庫証明が必要になります。
中には、ディーラーが代行してくれる場合もあるようです。
しかし、ここでは、簡単に車庫証明の取り方について説明します。


「車庫証明」の取り方を簡単に説明します。

まず書類を用意します。
書類は、管轄の警察署や陸運局などで受け取ることが可能です。
そろえる書類は、
①自動車保管場所証明申請書(複写式)
②保管場所使用権原疎明書面(自宅車庫の場合に必要)もしくは保管場所使用承諾証明書(賃貸の駐車場の場合に必要)
③配置図を記入する用紙
の3点です。

まず、②の書類を書きます。
自宅車庫の場合は、自分で書きます。
賃貸の場合は、貸主に書いてもらうことになります。
この場合、手数料がかかる場合もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

次に③の書類ですが、保管する場所の寸法を測って、配置図を書きます。
車がちゃんと保管できる大きさがあるのか、の確認です。

そして、①の書類です。
これは、自分で車検証を見ながら書きます。

全ての書類が書けたら、管轄の警察署に提出します。
その時、もし訂正箇所があったら困るので、印鑑を持参すると良いでしょう。

また、買い替えの場合、同一場所での複数の車の登録を防ぐために、
・前の車の抹消登録証明書や解体証明書
・廃棄・譲渡誓約書
などが必要になる場合があります。
これは警察署によって違います。
ですから、事前に管轄の警察署に確認しておきます。

必要書類を提出してから、約1週間で「車庫証明」が出来上がります。
印鑑を持参して、管轄の警察署に取りに行きます。
このような作業は、新車を購入した場合、ディーラーが代理でやってくれる場合もあります。
問い合わせてみるといいでしょう。

PR


新車の買い方 車庫証明の取り方 | TrackBack(0) | 【新車の買い方】

トラックバック

トラックバックURL:

ガソリン価格アップ↑ 自動車保険料はダウン↓今すぐお見積り アクサダイレクト

古物商で中古車ビジネス開業キット!!


| 自動車売買のコツ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]