忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[PR] |




中古車の買い方 プライスボードの見方
古物商で中古車ビジネス開業キット!!

中古車を見に行ったとき、どんなことを気にかけますか?
プライスカードを参考にしませんか?
しかし、プライスカードに書かれている情報を鵜呑みにするわけにはいきません。
プライスカードを見るときの注意点を説明します。


中古車を購入するときに注意しなければならないなのが、プライスボードの見方です。
プライスボードに書かれた情報を、全てを鵜呑みにすることはできません。
でも、ある程度の参考にはなります。
プライスカードが手書きだったり、いいかげんにしか書いてないような中古車販売店では、購入しない方が無難です。

大抵の場合、一番大きく書かれているのは「販売価格」でしょう。
これは現金販売価格です。

・初度登録年月(軽自動車は初度検査年)
・自動車検査証の有効期限
・走行記録数
にも、注意が必要だと思います。

「前使用者の点検整備記録簿の有無」「修復歴の有無」と、その内容も重要です。
点検整備記録簿がなければ、どのようにメンテナンスしていたのかわかりません。
そして、修復歴がある場合は、どこを修復もしくは交換したのか、よくみておきましょう。

「使用歴」には、自家用・営業用・レンタカーなど、どんな風に使われていたのかが書かれています。
「保証の有無」も、購入後のことを考えると、見逃せない条件の一つです。
保証があるのなら、どんな内容を保証してくれるのか、チェックしておいてください。

「定期点検整備実施状況」がもし「納車時」となっている場合は、「整備費用に関する表示」もよく確認しましょう。
整備費用は、販売価格に含まれているのか、それとも自分が負担するのか?
もし負担するのならいくらなのか?
それによって、購入予算も変わってくるかもしれません。

「保険料・消費税以外の税金・登録諸費用の別途請求に関する表示」や「リサイクル料金の表示」もちゃんとみて、予算に含めておくといいです。

PR


中古車の買い方 プライスボードの見方 | TrackBack(0) | 【中古車の買い方】

トラックバック

トラックバックURL:

ガソリン価格アップ↑ 自動車保険料はダウン↓今すぐお見積り アクサダイレクト

古物商で中古車ビジネス開業キット!!


| 自動車売買のコツ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]