忍者ブログ




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[PR] |




新車の買い方 見積もりの取り方
ガソリン価格アップ↑ 自動車保険料はダウン↓今すぐお見積り アクサダイレクト

新車を購入するとき、見積もりを取る思います。
その時、見積もりの取り方によっては、有利に値引き交渉ができる場合があります。
どのような見積もりの取り方が良いのでしょうか?
見積もりの取り方は、同じじゃないのでしょうか?


新車の買い方でぜひ知っておいてほしいのが、見積もりの取り方です。
賢く見積もりを取れば、値引き交渉もしやすくなります。
それに、確実にお得なので、是非試してみてください。

新車の見積もりを取るには、
・ディーラーなどの販売店に直接行って、見積もりを依頼する
・電話やメールなどで見積もりを依頼して送ってもらう
・「オートックワン」などのインターネットサイトから、住所や電話番号を相手に知らせずに見積もりを取る
などの方法があります。

見積もりを依頼する時には、
・オプションを一切つけずに車両本体価格のみ
(車庫証明費用と納車費用は値引き交渉の最終段階でカットしてもらってください)
・例え下取りに出せる車があっても、下取りはなし
で、見積もりを依頼します。
こうすることで、純粋な車両本体の値引き額がわかります。

オプションは、後で交渉すればいいです。
下取りは、複数の中古車買取店に見積もりを依頼して売る方が高く売れるでしょう。
ディーラーに下取りしてもらう場合、下取り手続き代行費用や、査定料などの名目でけっこうな金額取られてしまうこともあります。
面倒だと思いますが、中古車買取店に売る方がいいと思います。

車によっては、買取価格に十万円以上の差が出ることも、珍しくありません。
また、見積もりを取る時には、経営の異なる複数のディーラーから見積もりを取りましょう。
そして、同じジャンルの他社の車の見積もりも取っておきます。

手間はかかりますが、競合させることによって、大きく値引きを引き出せる可能性があります。

PR


新車の買い方 見積もりの取り方 | Comments(0) | TrackBack(0) | 【新車の買い方】

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



ガソリン価格アップ↑ 自動車保険料はダウン↓今すぐお見積り アクサダイレクト

古物商で中古車ビジネス開業キット!!


| 自動車売買のコツ |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]